人脈を作ろう

施術

支援してくれる人を探す

アスリートとして活動していた人の多くが怪我や病気などをすると、柔道整復師の資格を取得しています。どんな理由であれ、アスリートに関わる仕事がしたいと思う人が多いため、このような流れになることは当然のことです。しかし、柔道整復師の資格を取得したからといってすぐに開業することはできません。資金も必要になります。そのためには支援者を探しましょう。個人を頼るのもおすすめですが、できれば企業に頼った方が効率的です。最近は独立開業支援をしてくれる専門的な企業が増えてきています。また、柔道整復師はアスリートなどを中心に顧客が生じることになるため、人脈を作ることも大事です。現役時代の人脈を使って、開業してから自身の施設に来てくれるように挨拶をしておきましょう。そうすれば、開業と同時にアスリート関係者が通ってくれるようになるかもしれません。また、柔道整復師の開業支援をしてくれる企業があれば、その企業が宣伝広報もしてくれることがあります。個人では宣伝費を出すことができなくても、企業が支援してくれるのなら安心です。柔道整復師として活動するにあたって支援者が居ることで開業もスムーズにいくことがあります。経営者になるためには経営に関する知識も必要です。支援企業が研修をしてくれたり、セミナーを紹介してくれたりすることもあります。いろいろなアドバイスを取り入れて、経営者としても申し分なく活動できるように準備をしましょう。