種類を見極める

ビル

主な種類と取得方法

香港のビザには複数の種類が存在します。まずは、就労ビザです。このビザは香港で働きたい場合に取得するべきものです。取得条件は、香港にはない特別な技術を持っていて香港社会に貢献できる場合になっています。申請をするには、日本国内の場合では駐日中国大使館での申請が可能です。次に、香港就労者家族ビザです。このビザは、香港に駐在する方の付き添いの方が取得をするものです。申請するには、パスポート、証明写真、戸籍謄本が必要です。次に投資ビザで、このビザは、本校で事業を現地で行うためのものです。その際には、事業を展開していくものについての詳細情報が要求されます。この場合では、その事業が香港系税に貢献されるものかということが審査されます。必要なものは、身分証以外に学歴証明や財政証明書が必要になってきます。また、香港に7年以上滞在をすると、永住ビザを取得することが可能になります。この場合の条件としては、就労や投資、または扶養関係のビザのどれかに当てはまっている必要があります。これがほかのものとは異なっている点は、滞在に制限がないということで、香港市民と同等の扱いを得ることができます。最後に研修ビザというものがあります。これは、会社側が香港にある会社へ社員を研修に生かせるときに必要になるものです。この保証人は現地の会社側となります。注意すべき点は、12か月後の延長ができないということや、就労に変更ができないということです。