接骨師の基礎知識

施術

接骨師の業務内容と独立

柔道整復師については、骨折並びに脱臼など骨、あるいは筋肉それから、靭帯の損傷もしくはけがを道具を利用せずに手技を利用することによって治療する国家資格になります。主として開業した接骨院やクリニックで病を患っている方を治療したり、スポーツトレーナーという立場でケガの治療を行ないます。柔道整復師の治療に関しては、人体にやさしいことが特色になります。非観血的手術と呼ばれており、切開や薬を使わないので、年齢性別を問わず治療できます。柔道整復師が実行する施術は主として整復、固定後療法になります。柔道整復師はこうした3つの施術を主として行なって、病を患っている方の特有の症状を早いうちに改善させることが業務の内容になります。人体のメカニズム、あるいは仕組みに通じてる点は鍼灸師のようなものですが、鍼を活用することによってツボを刺激し施術するのか、あるいは手技によりましてケアするのかが異なる部分があります。日本という国は次第に高齢者の数が拡大をみせている少子高齢化社会になります。高齢者の方にとってクリニックに行かなくても良い接骨院などはとても重要な存在そのものになっています。ケアが必要とされている高齢者の方が未来においても増加していくと見込まれているので、柔道整復師のニーズはこれから先も高まっていくといえ、開業するチャンスといえるでしょう。柔道整復師が開業したケースでの年収額に関してですが、これは開業してどれほど患者がいるかによって変わります。 経営がハードな方から、年収額1000万円オーバーまでさまざまです。